メイン画像

h2_013_001

h3_013_001

pic_013_001 職場のストレス問題は、長期にわたる欠勤や過労死との関連性が報告されており、健康管理上、重要な課題になっています。従って、定期健康診断だけでなく、職場でのストレス状態を把握し従業員の健康障害を未然に防ぐことが必要です。

本調査は厚労省平成11年度作業関連疾患の予防に関する研究の成果物である「職業性ストレス簡易調査票」(従業員アンケート)および専用ソフトを使用して、従業員個人および職場(部、課、係、職位、職種)ごとのストレス状況を明らかにします。これによりメンタル不調従業員の早期発見・早期対応を行い、より働きやすい職場づくりを推進するものであります。
現場で簡便に測定・評価することが可能で、信頼性・妥当性の高いストレス調査です。いつでもお気軽にご相談ください。


h3_013_002

従業員等を抱える企業、団体、官公庁等


h3_013_003

仕事のストレス要因仕事の負担(量)、仕事の負担(質)、身体的負担、対人関係、職場環境、コントロール、技能の活用、適性度、働きがい、その他
ストレス反応活気、イライラ感、疲労感、不安感、抑うつ感、身体愁訴
修飾因子上司からのサポート、同僚からのサポート、家族や友人からのサポート、仕事や生活の満足度

h3_013_004

個人結果報告書「あなたのプロフィール」「あなたのストレスプロフィールについて」を作成します
所属結果報告書「簡易調査票用仕事のストレス判定図」「レーダーチャート」を局、部、課、係、職位、職種ごとに作成します
所見報告書「個人結果報告書」および「所属結果報告書」について分析・診断し、報告書を取り纏めます

h3_013_005

担当者名保有資格
久保田 弘●中小企業診断士
●SC(ショッピングセンタ)経営士
●商業施設士
藤田 明美●中小企業診断士
●宅地建物取引主任者
●インテリアコーディネータ


Copyright(c) 2015 Association of general produce All Rights Reserved.